Resident Evil 7 / Biohazard 7 Teaser: Beginning HourがSteamに来ていた!


皆さんは、来年の買うゲームはもう決まっていますか?私は、PCゲーマーなので買うものは少ないのですが気になるのはバイオハザード7です。来年の一月に発売なのでもうすぐきちゃいます。そして、19日にやっと Beginning HourがSteamで配信されました。

アイソレートビュー

PCでもちろんやりました。初代の比じゃないくらい怖がりました。FPSプレイヤー独特の壁を背にして動くしぐさが出ちゃうくらい怖かったです。今これだけ怖いのにVRでやろうと思う人は、すごいと思います。
俗にいうFPSとは、なんか違和感あると思ったんです。理由は、手が出てないんですよ。物をつかんだ時とかには、出てくるんですけど物を持っていないときは手が出てこないんです。なんかそれがすごく新鮮で感動しました。普段行動している時は、手をみえるようには出しませんもんね。考えれば当たり前の事なんですけどちょっとしたところの、こだわりを感じて感動して予約しちゃいましたwww

スポンサード リンク




DEMOだから銃撃ち放題とはいかない

本編でも銃撃ち放題とはいかないのかもしれません。そして、DEMOのクリーチャー出てきても銃の活躍の機会は、訪れませんでした。撃つ前に天窓から脱出してエンディングにしてしまいました。銃ではなく斧だったら三回ほどクリーチャーと対峙しました。しかし、倒せる気がしませんでしたね。銃でも同じじゃないかなと思います。

まとめ

怖かったけどバイオハザード7を購入する切っ掛けになるくらい面白かった。初代のカメラ視点から4のTPS視点へ移行して7でアイソレートビューに大きく変更するのは、大変だったと思いますが主観に最も近い視点は恐怖体験をダイナミックに描くことができます。それは、ホラーゲームにぴったりの視点だといえます。ただ一つだけ残念な点があります。夏にだしてよ~( ;∀;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)