ネットフリックスオリジナル作品のトロールハンターズを見た!!


前に評価した時は、ドリームワークス作品のファンならネットフリックスは外せないと言いました。そのドリームワークスから新たなオリジナル作品が配信されました。あぁ~契約しててよかった!

映画マニアやアニオタじゃないけど好きなんだ!!!

ドリームワークスのヒックとドラゴンは、日本ではあまり有名になりませんでしたが数々の賞にノミネートされ、かなりの評価を集めました。しかし、ドリームワークスの有名どころはシュレックやマダガスカルと言うのが鉄板です。まぁ事実そうでしょう。もうピクサーやディズニーの知名度に比べたら…。知らない人は、とことん知らない制作会社と言えるかもしれません。
ヒット作ですら日本上映されないことすらあると言えば、納得してもらえると思います。悲しいかな、ヒックとドラゴン2の署名運動でかなりの数を集めても一日上映しかされませんでした(無念)。全部ピクサーってやつが悪いんだ。( ;∀;)
冗談はさておき、このようにゴタゴタが不運にも続くことでドリームワークス作品のいや、制作会社としての知名度が日本でありません。そんなドリームワークスの最新アニメがネットフリックスで配信されました。

ドリームワークス作品は、子供向けか?いえいえ、だけど大人向けではない!

3DCGアニメは、子供向けとの取られがちですがそうではありません。ドリームワークスでは、登場人物が死にます!!!いや、訂正します。死ぬことが多いです。ヒーロー物の鉄板とはいえ子供向け作品だとしたらクレームが来そうなくらい結構ヘビーに描かれます。しかし、見ていると何かこう忘れていたものを拾い集めるような作品が多くてそれがまた、作品の一部なんだと思うことが多い気がします。もちろん、完全に和気あいあいと見る作品もありますよ。ですがやはり私の好きな作品は、何かを拾い集めるような作品が多いです。完全な大人の心では見れなくて、どこかにある子供だった時の心が刺激されているような気がします。

今回のトロールハンターズは、作品としてわりと重い

※ここからネタバレを含みます。

スポンサード リンク




今回のトロールハンターズと言う作品は、のっけからヒーローが死にます。(おい!)
主人公では、ありませんがいわゆる先代ヒーローと言うやつですね。敵の狙いは、アミュレットのでそれを守るために自殺します。それを主人公が手に入れるのですが…。いきなり自殺ってよくキッズの視聴許可出てるなこれ( ゚Д゚)
割と主人公の年齢は、高めで作中で16歳になる。(いやドリームワークスの主人公は、大体年齢が高めなのかな?)わりと良い子、いや超良い子。流されやすくて臆病なところの挙動は、ヒックみたい。だけど、女の子以外のことは大胆になるときには大胆になる主人公でしたね。しかし、最終話で仲間が死に、悲しみのあまり無能な先代たちの助言を重く受け止め、一人で敵陣に行ってしまうほど抱え込む性格です。
しかも、最後の最後に手に入れた力の呪文は不穏なもので鎧の青い炎は、赤く光っていました。光と闇が両方そなわり最強に見えると言うけどあの鎧は、完全に闇に支配されているようなビジュアルになっちゃった。続きが気になるよ。

ヒックとドラゴンのシーズン4もまってるよ!

わりとヘビーだけど、それでも見れるのは面白いからです。まってます、いつでも見れます。さぁバッチコーイщ(゚Д゚щ)カモーン

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)