【R6S】改めてキャッスルは、面白いオペレーターだと思った!


年末のチャレンジでFBIスワットを使って10ラウンド勝利と言うものがあるのですがアッシュとパルスは、人気があるので必然的に防衛側の時はキャッスルを使うことになります。そして、使ってみて思ったのですがとても面白いオペレーターだと感じました。武器も決して弱くないので使いこなせればとても心強いオペレーターです。(どんなオペレーターもそうか!)

キャッスルは、なぜ弱いと思われるのか?

結論から言えば、原因はキャッスルをあえて選ぶ理由が弱いからです。キャッスルが得意とするのは、時間稼ぎです。しかし、アーマーパネルを破壊するには、殴りだと時間がかかりますがスレッジのハンマーやアッシュのブリーチング弾で一撃で壊れてしまいます。グレネード&ブリーチングチャージでも壊せます。ですから、それを考えるとあえて選ぶにはガジェットが弱いと感じるのが多くの感想でしょう。
また、それだけ弱点があるのに枚と言う数の少なさも弱いと感じる一因だと思います。ブリーチングチャージが1人3枚持てるのにガジェットのアーマーパネルが3枚じゃダメですよね。硬さは今のままで良いと思いますが枚数は、最低2枚ぐらい増やしても良いでしょう。それだけで戦術の幅が広がります。

スポンサード リンク




キャッスルは、中の人のプレイヤースキルに依存する

どのオペレーターでも中の人のプレイヤースキルに依存するのは同じです。ですが、中の人のあるプレイヤースキルが高い人ほどキャッスルを面白いオペレーターだと感じるでしょう。単にプレイヤースキルと言ったらAIM力や立ち回りだと思うでしょうがそれだけではありません。キャッスルに求められるプレイヤースキルは、AIM力や立ち回りでは無い方のスキルです。そのAIM力や立ち回りでは無いスキルとは、心理戦立ち回りの予想です。

だからキャッスルは難しい

「心理戦と立ち回りの予想って、ただのゲームで難しく考えすぎ」って思う人の方が多いでしょう。確かにゲーム始まってすぐ、バリケードを壊して窓からリスキル狙うのもこのゲームです。

今は、もはやロールプレイなんて考える必要がないくらいこのゲームは、成熟しきっています。しかし、リスキルが失敗した場合はどうでしょうか?リスキルには、リスクもあるわけですから防衛側が一人少ない状態で戦わなければならないこともありえます。何を言いたいのかと言うと誰しもが心理戦と立ち回りの予想は、しなければならないと言うことです。せめて敵がどのように攻めてくるのかの予想は、各自で検討するべきでしょう。そうすれば取れる戦術が見えてきます。
ですが理解できない・してくれないプレイヤーも存在します。コミュニケーション能力不足がプレイに影響を与えるのです。キャッスルは、そういう面でも難しさが出るオペレータだと言えるでしょう。

なぜキャッスルは、面白いと思うのか?

なぜキャッスルは、面白いと思うのか?それは、心理戦と立ち回りを的確に予想し対処した時の達成感がすごいからです。これは、私が心理学を学んだからかもしれませんがアーマーパネルで相手の進軍を誘導した時は、もう笑いが止まりませんでした。何故そこにアーマーパネルが貼ってあるのか相手は、理解に苦しんだでしょうが誘導されているとは思いもよらなかったはずです。だからキャッスルは、面白いのです。

まとめ

キャッスルは、武器は強いが頭を使わなければ活躍できないプレイ難易度が高いオペレーターだと言えます。そして、プレイヤースキルの心理戦と立ち回りの予想は、ただプレイしているだけでは身につきません。また、野良では味方が自身の行動を読み取ってくれないと活躍出来ない可能性が高いでしょう。以上がキャッスルが面白いと思う理由です。

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)