スポンサード リンク

FPSに、もはや必須級のアイテム!?早めに手に入れられてよかった


こんにちは、ゼンハイザーから発売されたGSX1000という「サウンドカード?」を買って驚いた孤犬です。発売前は、GSX1000と検索してもスズキのバイクが検索に出てきてしまうほどだったので知らない人も多いはずです。

そんな目立たないサウンドカード(USB接続なので違うような気もしますが以降は、サウンドカードとします)を私は購入しました。月末発売だったので購入したのは、2週間ほどたってからですけどね。

購入目的は、FPSに使うため!!

ヘッドホンは、結構使ってきました。主にFPSで使うためでここ数年でバーチャルサラウンドは、ものすごく発展したと使っていて思います。ですが、自然に聞こえるようになったかと聞かれると私は胸を張ってお勧めできませんでした。

スポンサード リンク





今までの記事でも出来れば用意するならリアルサラウンドの方が良く、バーチャルはないよりましだと言うスタンスでした。

ですがこのサウンドカードを買ったら意見が変わりました。「もうこれでよくね?」状態です。

なにがそんなに違うのか?主に値段です。

ヘッドホンは、基本ステレオです。リアルサラウンド対応ヘッドホンじゃなければ、ステレオなんです。バーチャルサラウンドは、安価にリアルサラウンドポイ環境を整えられるので注目を集めていますが音の位置を明確に表すことは難しいです。

FPSプレイヤーにとって音の位置は、とても重要なのはわかっていただけると思います。

しかし、今までのプレイヤーはバーチャルサラウンド環境だったのです。設定やヘッドホンの性能によってスキル差が出ていたと言うことになるので、みんな血眼になって良いヘッドホンやサウンドカードを探し回ることになりました。

勝ちたいからお金をかけるのは、当然だと思いますが1セットそろえると10万近くかかったりすることもあります。ですが今回のサウンドカードは、定価でも3万以下で手に入れらるようになったのでラッキーです。

スポンサード リンク




久しく聞かなかったバイノーラルと言う言葉!!

今のよりバーチャルサラウンドが上出来で、なかったころバイノーラル音源と言うのがちょこっと流行りました。私がニコニコで見て自分の中で流行っただけですけどね。

あたかも自分がそこに居るかのように錯覚させるほど、音の位置がはっきりわかるのが、特徴的でした。何時かバーチャルサラウンドも「こうなるんだろうな~」と漠然と考えたのを思い出します。しかし、バーチャルサラウンドは発展しましたがあの時、聞いたバイノーラルほどではありません。

それは、仕方のない事です。バイノーラルは、人間の耳に聞こえるように録音しなければ意味がありません。キャラクターの位置が変わってしまうゲームには、不向きなんです。

それを解決しちゃったゼンハイザー!!!

音の位置がはっきりとわからないのは、ヘッドホンのスピーカーと耳が近くにある事や頭の中で音が鳴っているように聞こえてしまうためと言われています。オーディオマニアじゃないんで詳しい事は、よくわからないのですが頭の中で音が鳴っているように感じるのは、私にも経験があります。

それを解決してしまったのがゼンハイザーです。なんとバイノーラルレンダリングなる変態技術で人の鼓膜までに到達する音をシミュレートするサウンドカードを発売してしまったのです。

使いはじめ「?」理由に気づくと「!?」

買おうと思った当初は、Amazonで1か月から2か月待ちと言う品薄状態でした。それでもさすがAmazonと言うべきか注文したら5日後には、なぜか商品が手元に届いていました。(恐るべしAmazon!!)

さぁ商品が来たらやることは一つです。USBでPCに接続し3.5mmジャックに変えたH7でFPSゲームを遊びましたよ。(CS:GOとかR6Sです)

「思ったよりも音の位置が分からないぞ?」

海外の説明書を読んだり設定をいじったりしましたが原因が分からずじまいで3万円をどぶに捨てたと考えてしまいました。さすがにそれはないだろうと別の事も考えてみました。

「GSX1000が悪い可能性もあるがヘッドホンは、サウンドブラスターだ。相性かな?」

そう考えて調べに調べましたよ。結果は、惨敗でした。じゃぁもっと音の位置がはっきりわかるヘッドホンに変えたら変わるんじゃないかと考えてヘッドホンを探し始めました。

そうしたら頭内定位と言うのをちらっと見つけました。頭の中で音が鳴っているように感じて方向性が分からない状態の事みたいです。そこで、GSX1000にしてから音が頭の中に感じないことに気が付いたんです。

「あれ、自分の音の位置とヘッドホンの音の位置ズレてね?」

それに気が付いたら解決は早かったですね。すごいみっともない格好ですが音の位置はばっちりわかるようになりました。原因は、前方の音が上から聞こえているように感じていた事によるズレでした。

今では下の絵の様にプレイすれば、背後や壁向こうの敵の人数まで分かります。

問題が解決してからは、もう手放せないアイテムになってます。今まで買ってきたヘッドホンをお勧めすることはもうないでしょう。プリセットが少ないのは欠点ですが自分の用途はゲームとネットサーフィンだけですからね。特に問題ありません。

何故ずれていたのか?

バーチャルサラウンドでもよく耳にするのですが顔の大きさや形は人それぞれでヘッドホンなどもそれによって聞こえ方が変わるそうです。自分に起きたことは、耳の形がが影響してそうです。

PCユーザーなら買わなきゃ損!!

FPSで勝てなくて悔し涙を流している人は、サラウンド環境を見直す一環として買ってみるのをお勧めします。音の位置を正確に知りたいと思っているプレイヤーも購入すると良いでしょう。

もちろん他のサウンドカードを持っている人は、無理して乗り換える必要はないと思います。まだサウンドカードを持っていない人にこそ、お勧めしたいと思いますね。海外レビューも好評のようですしバイノーラルがもっと流行るといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)