スポンサード リンク

AMDの頑張りのおかげか?海外でインテルCPUが値下がりしている!!!


こんにちは、欲しい時が買い時の精神を持つ孤犬です。今まで発売まで盛り上がりを見せて、発売後のベンチマークで皆を落胆させるのが得意なAMDさん。しかし、そんなイメージを吹き飛ばすようなリーク情報が巷をにぎわせていました。

技術職でもないので一般的な消費者としては、「なにがそこまですごいのか?」と言う感じです。

それに、まだ発売してないので詳細が分からないと言うのが本音です。しかし、もしリーク情報道りの性能であの価格で発売されるならインテルがどれだけ暴利を貪っていたのかが分かります。そして、暴利に対しての技術提供(革新さ!)の低さが問題だと思いますね。

その為「AMDが3週ほど周回遅れだと思われていたのにインテルCPUと肉薄する」と言うのが今のお祭り状態なわけなのです。

スポンサード リンク




ムーアの法則

インテルは、発売工程を今までより少し遅らせると発表していました。その意味は、

「ちょっと性能が頭打ちだわ、テヘペロ」 (ノ≧ڡ≦) 
「だから、代わり映えしない性能だけどみんな購入してね」 品 _(:3 」∠)_

とニュースを見たとき感じたものです。インテルは、2ステップの発売工程(イメージとしては、i●honeシリーズ後にSシリーズが発売するイメージ)だったのですが今は、3ステップです。これから、2ステップに戻せるのでしょうか?

無理でしょうね。インテルの技術力は、素晴らしいと思いますが鶴の一声で右往左往するのはすごく大変です。

AMDは、コンシューマーやらAPUやら色々手を出してました。そう考えるとCPU企業として順当に開発していたのは、AMDと言えるのではないでしょうか?

「安さのAMD、技術のインテル」だったのに「安さのAMD、高いインテル」と言う構図に変わりつつあります。まぁインテルは、大企業パワーで色々とやってくれると思います。CPUが進化しそうという期待感からも注目が集まっていますね。

スポンサード リンク




これ赤字覚悟ってことですよね

このサイトによれば、小売業者が大幅な値下げを実施しているようです。業者は、大量の在庫を抱えているのだと思います。だから、赤字覚悟で値下げしているのでしょうね。

赤字覚悟でRyzen CPUが出る前に小売業者は、売りたいのでしょう。しかし、小売業者の大幅値引きでRyzenの性能に期待感が膨らんでいるので「まだ下がるんじゃないか?」とも思えます。

Skylakeの時に性能がだいぶ上がったと思いましたがAMDのRyzenほどのインパクトはありません。なぜなら、「その値段でその性能?インテルは、なぜそんなに高いんだ?」と言う消費者の気持ちがRyzenには、プラスされているのですから。

今は時期が悪い、買うな

よくPCを買う時に調べると出てくるフレーズなのですが今は、本当に時期が悪そうです。それに、なぜか日本では、割引している所がありませんね。AMDのRyzenが発売されたときは、大体がっかりすると考えているのでしょうか?

Ryzenがリーク通りの性能で発売してしまったら大量の在庫を抱える事になるのですが…

( ^ω^)「なら安くなったインテルCPU買おう!」

Σ(・□・;)「え?」

正直な話をするとAMDのRyzenがどれだけ「すごいかとか?」どうでも良いのです。お手頃価格のCPUをインテルが出してくれさえすれば私は、満足なんです。だって、ゲームでCPUってそれほど重要度ないじゃないですか!!

K付きモデルなら世代が一つ離れていてもさほどゲームで差はありません。そして、AMDとインテルの安定性への信頼度は、インテルの方が強い。面倒がなさそうなど、一強時代からの信頼がありますからね。

私の注目理由は、価格が競争で落ちることです。ですがSSDの様に高騰する可能性もあるので困りものです、Ryzenから目が離せません。それでは、今回は以上です。

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)