スポンサード リンク

光回線の工事!!できないと言われていた所が実は、できる事がわかった!?


こんにちは、光回線の工事をしてもらうために犬の様に駆けずり回った孤犬です。

色々な所を訪問し、あっちへ行ったりこっちへ行ったりした理由は、NTTが以前マンションのVDSL光を調査した結果、配管を使って光回線を引き込めないと言う理由のためでした。

「配管等がお部屋に繋がってないですね」

こんな風に言われてしまえば、光回線の戸建てタイプを契約して電線から引っ張って来ようとしても無理だなと思うのが普通だと思います。

しかし、諦めきれない私は、色々と駆けずり回る事になりました。

部屋の前に分電盤設備が有るのに配管などの通す場所がないとか問題じゃないかとは、思いましたが調査結果を信じていたため言えませんでしたね。

マンションで満足いくネット環境を整えるのがこれほど苦労が多いとは思いませんでした。

スポンサード リンク




結局電話線の配管を使えた!!!

色々と駆けずり回って工事してくれると言ったドコモと契約して工事日を待っていたら下見調査をしたいと連絡がありました。

工事日に来て、結局出来ませんでしたと、なって欲しくなかったのでもちろんお願いしました。

そして調査当日、業者が来て工事予定の場所へ来てもらおうかと思ったら

「この電話線の所が使えるか見ますね」

と言われて「ッ!?」ですよ。調査結果で使えないと言われていたのですがダメ元でやってもらうと難なく繋がっている事がわかりました。

NTT「いつからそこで工事できないと錯覚していた?」

私「何…だと…?」

そして、結局分電盤から外までも回線を通す事ができると言われました。今までの苦労は一体なんだったのか…。

調査は、あまり信用できない!?

前の調査結果と違ったのは、サンプルにとった部屋がたまたま配管などが途切れていたと考えるのが普通でしょう。

基本的に配管などを調べてもらうためには、光回線の工事をする事が前提でないと来てくれません。

しかも、集合住宅で戸建てタイプを契約しないと調査なんて来ません。それに前の調査結果を元にVDSL光じゃないと無理ですとか言われます。

しかし、蓋を開けて見たら実は配管を通して工事できました「てへぺろ☆(・ω<)」ですからね。

スポンサード リンク




過程を踏んで行けばもう少しスムーズになったかも?

今回私が四苦八苦したのは、無駄が多かったからだと思います。手順を間違えなければ、あっちへ行ったりこっちへ行ったりする必要はないと思います。

一番大事だと思ったのは、回線工事の前に調査してくれる業者です。調査してくれれば、配管を通したりできるかも判断してくれますしね。

箇条書きにするとこんな感じでしょうか
1.戸建て回線の条件を確認する。
2.必ず一つは、条件に合う場所が必要。
3.フレッツかドコモと契約する。

1番の戸建て回線の条件を確認するとは、建物の階数や電柱より低い所に部屋があるかなどを確認しなければなりません。

そして、2番の必ず一つは条件に合う場所が必要とは、1番の条件と自分との環境が当てはまる場所があるのか知っておく必要があります。なぜなら、条件に当てはまらないと契約すらさせてくれません。

3番のフレッツかドコモと契約するとは、フレッツ光からドコモ光に転用するとき、解約料が必要ないからです。また、ドコモ光はプロバイダーを事務手数料3000円で変更できるので、ISP企業ガチャがしやすいのでおすすめです。

この三つさえ抑えて動いていればもっと早く私は、この問題を解決できたと思います。



最後に

今回は、インターネット環境を良くしたいと考えてどうやったらマンションで戸建ての様なサービスが受けられるのか、その為に四苦八苦していました。しかし、結末は意外にあっさり訪れました。

さっさと契約して調査会社が来ていれば、今頃は…。

ですが、動画も見るしゲームもするのにADSL並の速度や回線では、満足できないのは確かです。今回は勉強だと思って諦めます。

工事日程を早める裏技とかあったら使うんですけどね。

それでは、今回は以上です。

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)