パソコンの保証期間は、3年有れば良いと思う理由!?


こんにちは、BTOで買う時に必ず保証を延長している孤犬です。今回は、保証は何年が目安になるのか話したいと思います

家電量販店に行くと今時は、長期保証が当たり前になっています。5年とかなり長期の保証ですが免責事項などが有り、説明書やプリインストールアプリを消す以外にもやる事を増やす曲者です。しかし、保証が無いのも考えられないので入っている人も多いのではないでしょうか?

保障と言うのは、長ければいいと言うものではありません


スポンサード リンク




壊れた時に、データを救ってくれる保証ではありません


時々友人に相談をされる事が有ります。PC(パソコン)が得意だと思われているのでメーカーに持っていく前に相談に来るんですね

学生時は、レポートのデータが入っているPCが壊れたので直してくれと言われた時が有ります。メーカー製のノートPCだったので当時すごく困ったのを覚えています。理由は、中身を空けて確認すると保証対象外になる事がメーカー製PCには有るからです

幸いにも画面が映らないだけでしたので、データをコピーして修理に出しましたが液晶以外の故障だった場合には、打つ手が有りませんでしたね。修理に出すとデータが消されて戻ってくる可能性がある事を友人は知りませんでした、本当に運が良かった

また、修理に出す前は出荷状態に戻しておくのがベストです。PCは、個人情報の宝庫です少なくとも他人に渡す時は、中身を綺麗にしておくことで余計なトラブルを避ける事が出来ます

PCの保証は、データを救ってくれるものではありませんので十分注意してください。PCは、必ずいつか壊れますデータのバックアップは細目にしましょう

スポンサード リンク




データを守ってくれる保証じゃないのに5年も必要ですか?


買ったPCは、いつか必ず壊れます。なので、私は保障に入ります。しかし、3年以上は入っても意味がないと思います

何故ならデータを救ってくれる訳でもないのに長期の保証に入る意味がないと思うからです。また、基本的にPCは、3年を超えると故障率も上がっていきますので故障への対応の頻度も上がっていきます。それならば、清く買い換えた方が悩みを早く解決できます

それにPCパーツの性能アップの間隔を見ると5年と言う年月は、かなりの性能差になります。アプリケーションも年々新バージョンを出していますので次第に快適にPCを使う事が出来なくなっていきます

よって家電量販店が行いうような長期保証は、あまり良いもので無いと言う事になります。3年以上は、突然死の可能性が常に付きまとっていると考えましょう

スポンサード リンク




終わりに

長期の保証は、あまり意味のない物ですが3年の保証は入っておいた方が良いと個人的には思います

PCパーツが3年以内に壊れる事は、私の経験的にほとんどありません。しかし、もちろん例外が有ります。3年以内に壊れるその例外のために私は、保証に入る事をお勧めします

それでは、今回は以上です

スポンサード リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)