【Detroit】デトロイトクリアできたグットぽいエンドだったし満足【感想・ネタバレあり】


こんにちは、デトロイトをプレイしてストーリ分岐の多さに困惑している孤犬です。かなり考えさせられるゲームで遊ぶというよりまさにロールプレイしている感じでした。QTEもストーリーを見せるためのギミックと考えると悪くないんじゃないかなーと思える数少ないゲームですね

デトロイトのイメージは、映画で出てくる廃れたイメージと何か悪いことが起こる町みたいに感じていましたがゲームでも感じることになるとは…。割りと向こうでもそういうイメージなんじゃないないのか心配になります

完全にTRPGやってる気分になる珍しいゲーム


システムは、QTEなんですが普通に楽しめるんですよね…。バイオハザードとかのQTEは、あまり好きじゃないんですがデトロイトは納得できるというか、理不尽なものがなく何を選択するかを聞かれているみたいなもんですからね

それに、ゲームシステムの一貫性で言えばQTEで統一しているからこそ、そのゲームの持ち味になっているかもしれません

ただ、ストーリー的には、グット系のエンドに持っていくのは簡単だったかな~と思いますね。ヘビーレインは、本当に頭を使った覚えがあります。QTEで死亡してしまうこともありましたからね

ですが、今作は意外とプレイヤーサイドは死に難いと思います。人間の情に訴えるプレイスタイルだったからかもしれませんが死亡したのは、ルーサーと…ジェリーシリーズだけでした(おじさんとサイモンは勘弁してください)それ以外は、生存しました

なので意外とストーリーの読みは簡単でしたね。マーカスが非暴力を貫いたのは、カールの教えがあったのが一つ。また、カールが死んでも教えを守り続け様と思ったのは、短い時間しか関りがなかったけどがっかりさせるような行動をマーカスにさせようとは思えなかったからが一つです

反撃しなかったことでカールが死ぬ原因になったと思い、暴力に訴えるようになるかはプレイヤーの人間性が出ます

ここで私は、人間側に精神的に打撃を与える選択肢しかマーカスには取らせないと決めました。暴力に訴えられないなら精神的に攻撃すると言うことです。最後の選択肢は、キスじゃなくて歌いましたからね

キスだと一部アンドロイドの肌機能がオフになるので、命令された人が攻撃した時に正当化が起きてしまいそうで、すぐ忘れ去られそうなのが嫌でした。なので、自分は歌を選択しました

プレイヤーの思惑次第で多くのことが選択できて私は、TRPGをやっている気分になりました。ここが作るゲームは本当に没入感が高いです

将来いつか来るかもしれない世界


私は、デトロイトのアンドロイドのような存在が出てくることはあんまり信じていません。しかし、近頃はAIの発達で感情を持つロボットが出てくるかもしれないと思わせれます

ウェストワールドのようにアトラクションなどで使われるなら楽しみですが、独立種として誕生されると迷惑だと本気でゲームしてて思いましたね。新しく生産されるアンドロイドのほうが高性能で人間のように覆すことができない性能格差が生まれ持ってあるというのは、感情があるとすごい弊害だと思う

パーソンオブインタレストのマシーンVSサマリタンの状態になったら…。最新機種が旧世代を駆逐しに動き出せば旧世代は、人間から独立したように戦うでしょう暴力か非暴力は、置いておいて…

地球で2種族が住むには、狭すぎると個人的にしみじみとクリアして思いましたね~

終わりに

クリア後にクロエの解放しての選択肢が出てきてどうぞご勝手にと思っていましたが居ないと寂しいものですね…

一番最初に良いエンドを迎えるともうプレイしたくないですね~。消えるわけじゃないと分かっていても世界観を壊したくないというか、やり直しちゃったらマーカスやカーラの選択が途端にゲームになっちゃうのがとても、もどかしいです

デトロイト期待以上の出来でした。キスで終わるより歌のほうが自分的には、ドラマチックでよかったなぁ~と思っています。(サントラにあの歌あるといいな~)気になる人は、「Hold on just a little while longer」で検索、検索!!!

それでは、今回は以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.