動画編集のセンスってなに?

多くのブログで動画編集は、数をこなすことでセンスが磨かれるというけど。いったいどれほど作ればいいのか?

自分で動画編集してニコニコ動画にあげてはいるけど。どれもセンスがなくてこまる。

多くの編集して動画を投稿してる人たちのあの動画は、なんであんなにセンスがあるのだろうか。

FPSというゲームであまり話す必要がなく1ラウンドごとが大切なので編集しにくいのが問題なんだろうか?

動画編集のセンスは、明確な言語表記できないからノウハウがないのだろうか?多くの動画を見ることで培われるのだろうか?

考え出すと疑問が多く出てくる…。そんな考えを振りほどくようにパート11まで作ってみたがなんか面白くない…。

魅力がない動画を量産しているだけなような気がしてならない。

立ち絵を出そうか出すまいかも悩ましている原因だ。掛け合い?もするのか。茶番も入れるのか。

多くのゆっくり実況が立ち絵、茶番や掛け合いを導入しているが魅力的なものを作れるのだろうか?

実に悩ましい。誰か俺にセンスを分けてくれー。

今の自分にこの答えが出せるのかわからないがもう少し続けてみる。

”あきらめないものに勝つのは不可能だ”といったベーブ・ルースの言葉を信じ頑張ってみよう。

あなたがレインボーシックスシージで勝つための考え方!?


前回FPSについて書きましたが今回は、私が主にプレイしている。レインボーシックスシージについてお話ししたいと思います。しかし、AIMとかアタッチメントとか語りつくされていると思います。なので今回私がお話しするのは、考え方になります。

確実に勝てるようになるものではありませんが知っていると有利になることがあります。

動画でしようと思いましたが結局文字ばかりになってしまうので面白くないので却下しました。では話していきます。

“あなたがレインボーシックスシージで勝つための考え方!?” の続きを読む

レインボーシックスシージで次何しようかな

カジュアルでだらだらやるのも楽しいけれど、ただプレイするだけではやはりだめだと思うのですがどうでしょうか?

レインボーシックスシージにもいろいろな楽しみ方があると考えているが、なにがありますかね?もしあなたならどうしますか?

無難に縛りプレイとか良いですかね?新兵でどうです?そして、自分盾が苦手なので盾縛りなんてどうですかね?選択キャラクターは新兵盾のみ。でもそれだと防衛側の部分がいらないですね。なら攻撃側だけで新兵盾の試合をつなげてみるのはどうでしょうか?

30キル目指してレインボーシックスシージ新兵盾!

次これで行きましょう!

動画も投稿しました。よかったら見てください。

レインボウシックスシージのカジュアルで

No Man’s Skyが思ったのと違うゲームだったので飽きた結果。

レインボウシックスシージに出戻りしました。

時間的には、1日くらいしか離れていなかったのですが。それでもAIMや立ち回りがガタガタになっていました。設定を見直したり、キャラクターを変えたりしてやっと元通りになりました。

スクリーンショットでも取って置けばよかったけれど残念ながら取ってないので画像がありません。

しかし、今日で私はアーマー3のキャラクターを使うのが下手くそだとわかりました。カジュアルでアーマー3のキャラクターを使うと0キルとか当たり前で困ります。自分の動画でスピード3のキャラクターの立ち回りがわからないと聞かれましたが、むしろアーマー3の方が私にはわかりません。

スピード3のキャラクターはとにかく音をあまり立てないようにして動き回ればいいので適当でも良いのですがアーマー3は、基本動くと音が出てしまうので困りものです。

 

初心者にお勧めなのは、アーマーとかスピードとか関係なく攻撃なら、サッチャー。防衛なら、イェーガーをお勧めしますね。今日のAIMが治るまでこの二人でやったら武器が強いのを再確認できました。

あとレインボーシックスで途中抜ける人が今日は、居なかったのがうれしかったですね。途中抜けはほかの人も萎えさせる危険があるのでやめてもらいたいですね。それに、萎えるほど敵が強いということは、相手から吸収できるものがあるという事なので最後までやることをお勧めします。経験値をどぶに捨てるようなものです。

 

明日No Man’s Skyのスチームでの発売日になってる。

多分太平洋時間で発売だろうから明後日かな?でもたまに現地時間で発売されることがあるから一応心待ちにしている。

世間は今、リオ五輪で盛り上がっているけど私は、No Man’s Skyに夢中ですね。

レインボーシックスシージも好きだけれどSF物も大好きなので、まだ見果てぬ宇宙に飛び立てる日を心待ちにしています。

“明日No Man’s Skyのスチームでの発売日になってる。” の続きを読む