【DEATH STRANDING】前評判が最悪だったけどかなり面白かった【ネタバレあり】

こんにちは、経営の事を考えるとあまりコナミを責める気にならなかった孤犬です。しかし、今回の製作されたゲームは、半分以上が旧小島プロダクションの人達だと考えるとね…。MGSV:PVが未完だったのが悔やまれる

前評判がなんで最悪だったのか理解できないほど今回自分は、良ゲーだと思いました。ストーリーは、最高だしゲーム性もあった。荷物を運ぶのもそれほどだるいと思いませんでしたしね

ただ、オフラインでレビューのためにプレイしたのなら最悪のゲームと感じたのかもしれません。このゲームは、他プレイヤーのインフラを借りて初めて最高のゲーム体験になると思いますね。楽しむには、オンライン必須です

スポンサード リンク

MGSV:PVが未完だったのが理解できないくらい今回完成されてる

今回ストーリーに関して言う事があるとすれば、あんまり泣かせないでください。ゲームができませんって事でしょうか。制作陣は、それが分かっているのか最後の方では、戦闘なしでストーリーに集中できましたね

すべてムービーとして点が与えられて、最後の方で線になる。その過程がいつの間にかゲームの没入感を強化していました。ゲーム自体がつながりをテーマにしていて本当にすべてが繋がって行くのは、すごい

ストーリー、システム、オンライン要素のすべてでゲームのテーマを維持して完成させるのは、もう変態の域だと思います。普通どこかしら投げやりになる部分が出てくるはずなのにそれを感じさせないくらい完成度が高かったです。だからこそ、最後まで没入感を維持したままクライマックスまで行けるのだと思います

スポンサード リンク

ゲームは、大体がお使いゲーム

今回私は、アウターワールド発売後でオープンワールド系のゲームは見送ろうかと思っていました。だって、ドンパチにぎやかなオープンワールドのゲーム後にただ荷物運ぶだけって…

でも、YouTubeで先行プレイ映像でミュール戦を見た時に購入を決めました。がっつり戦闘してるですもん。購入してみて案の定戦闘もしっかりあってとても満足が行くゲームになりました

ゲームって言うのは、結局のところお使いです。あれしろ、これしろと言われてそれをするのをカモフラージュしているのです。このゲームは、そのカモフラージュが無い分人を選ぶでのしょう

しかし、ゲーム性がないわけでは無い。一度行ってカイラル通信が繋がって居れば、改善できるのです。「雪山や山頂の移動がだるい?」ならカイラル通信接続後に建築lv2のジップラインを作ってみましょう

私は登山家からハートマン付近の科学者ルートをすべてジップラインで繋げました。その後、クラフトマンまでジップラインを広げました。山岳付近のミュールを回避してレイクノットシティー付近までジップラインで移動できるようにしました

ただの荷物運びだけじゃなくてルート開拓など自分で解決方法を見つけることができるのです。ちゃんとゲームとして成り立っているで本当に楽しかった。ジップラインも自分一人だと通信量的にきついので他の人のジップラインにつないで通信量を節約したり

レイクノットシティーは、国道を通せばいいのでジップラインではなく国道を優先したり。計画性を追求することもできます

スポンサード リンク

終わりに

このゲームのオンライン要素を緩いつながりって言う人が多いですが、移動のためのインフラを整えてて分かりました。全然緩くないです。むしろ、他の人のインフラを借りるのが前提なところがあります

先行組が居ない領域は、梯子などの建築物や荷物が増えることになるしBT回避ルートを予想できないのが辛かったです。しかし、私は、かなり楽しみました

なので、プレイするなら人が多い今が、一番のプレイ時ではないでしょうか。時雨がすべてを壊す前にプレイした方が楽しめると思います

それでは、今回は以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください