FPS初心者が試合で勝つためにしてはイケないこと!?


前に記事でFPSで勝てない理由と言う感じの記事を書きました。内容は、怒らず集中できる環境でプレイすれば勝てるようになると言うものでした。プレイヤーの感情や環境について記事を書きました。しかし、今回はFPS初心者がやってしまいがちな行動に焦点を当ててみました。

多くのFPS初心者がやってしまいがちな行動を改めることでチーム全体の生存率を上げる事が今回の記事の目的です。FPS初心者は、記事に出てくることを確認しましょう。

同じパターンで動かない

初心者の方にありがちなのですが一試合で同じ行動パターンをする方がいます。それは、成功体験から来るものでしょうがない事ですが、相手が気付いた場合では同じ状況でやられる様になります。相手にとって居場所が分かる敵は、脅威でも何でもありません。

これが顕著に表れるのがチームデスマッチのような何度も、リスポーンしてキル数を競う時です。チームデスマッチの良さは、考えずに行動して、ひたすらAIMをするだけなので同じ行動パターンをしてしまいがちです。

又は、爆弾を解除するようなモードで一直線のロングを毎回見る時もこれが当てはまります。相手が来ると分かっているならそれは、反射神経の勝負です。それは避けるべきでしょう。

しかし、利点もあります。

スポンサード リンク





その利点とは、その試合でいつも同じ行動で攻めたり守ったりしたときに、別の所から攻めたり守ったりすると上手くハマる事があることです。ですが、それには頭を使わなければなりません。FPSで同じ行動パターンをする人は、よく考えてください。

AIMは、WASDでするのだ!?

よく初心者の方で止まって棒立ち状態でAIMする方いますよね。あれは、本当にダメです。どれくらいダメかと言うと銀行口座のパスワードを自分の誕生日にするくらいダメです。

何故ダメなのかと言うと自分が止まっているときは、相手が動くとAIMする時のマウスの移動距離が延びることになるからです。

このことについては、下の記事で詳しく書いています。

軽く触れると止まらずに相手に合わせて動くとAIMがしやすくなると言うことです。これで何故棒立ちが、ダメなのかわかりましたね。

音は、重要だが聞くことばかりではダメ!!

多くのFPS初心者のためのサイトには、音を聞く事についてはよく書かれています。私のブログでもそうです。

多くは、語りませんが要約すると音を聞くことでチーム全体として強くなる方法を音の重要性に絞って書いた記事です。今回は、それにプラスして自分が出す音について考えてほしいと思います。

歩く音や装備が揺れる音など自分が行動するときに音は、なってしまうものです。しかし、音を聞くことを努力する人はいても音を出さない努力をする人は、ほとんどいません。目標までは音を出して、突入前では音を出さない様にするなんて、よくある光景です。

しかし、それでは目標前まで来ているのがバレバレです。守りの時も同じです。

来る場所が分かる敵など怖くはありません。冷静に撃ちぬかれてしまうでしょう。それではいけないので味方と行動するときは、音を出さないように努めてみましょう。

また、敵の注意を引くためにあえて音を出す選択もあります。聞く事と音をあえて出すことや出さないことを学びましょう。

スポンサード リンク





 

HSラインでなくても良いから前を見よう

FPS初心者の地面ばかり見ている人にHS(ヘッドショット)ラインを意識しようとよくアドバイスされている事があります。

なぜ言われるのでしょうか?

答えは簡単で地面を向いているとカーソルを敵に合わせるまでの時間が延びてしまうためです。ですが私はHSラインを初心者には、あまりお勧めしません。何故かと言うと的が小さいのでAIMコントロールをしながらでは、かえって不利になりかねないからです。

ですので、胴撃ちで結構です。人の胴体部分に合わせて前を見ましょう。

良く居る!味方の射線を遮る敵スパイ!?

これも初心者によくありがちなのですが、味方の前にいて同じ方向を見ている時に敵と撃ち合って味方の射線を遮るようにして動くのは、絶対にやってはいけません。これ下手すると流れ弾で味方もろとも、やられてしまう可能性があります。

味方を前にしてあなたが後ろの事もあるでしょう。その時フレンドリーファイアがあるなら射線を味方を巻き込むようにして動くのも決してやってはいけません。

「何故か?」と言うと味方の射線を遮ると言うことは、目隠しをさせてダーツをやらせているようなもので味方を不利な状況に追い込んでいます。フレンドリーファイアがあるのに射線を味方を巻き込むように動くのは、味方を殺しにかかっています。

以上の事から、味方の射線を遮るような動きや殺す可能性がある行動は、避けましょう。今回は以上です。

スポンサード リンク





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください